Top > ジョハリの窓で自分を知る

ジョハリの窓で自分を知る

自分に自信が持てない人の多くは、自分のことを良く知らない、自己否定感が強いから、

 

自分がどういった方法で進んで行ったらいいかがよく分かっていません。

 

自分自身を知ることで、どのような道筋を辿っていったらいいか、どのようなプロセスを通ったらいいか、がよく分かっていないのです。

 

そこで、ジョハリの窓という、心理学の一つの自分へのアプローチ方法があります。

 

人には、

開放の領域、盲点の領域、秘密の領域、未知の領域があり、

自分の解放の領域を広げていくことが結果的に未知への領域が広がることに繋がってきます。

 

このような心理学は学ぶと生活で役立ちます。

今流行のNLPやコーチングスキルなどもその一種です。

より良い人生にするために心理学は大いに役に立ちますよ。

 

関連エントリー